うずらのブログ

積極的な財政金融政策による豊かで成長力に満ちた社会を目指します

反原発ゴロの嘘はすぐにバレる

我が国を覆う“反原発ヒステリー”は、ついに司法の場にまで及んだ。

原発避難訴訟、国と東電に賠償命じる…前橋地裁』(読売新聞 3/17)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00050130-yom-soci&pos=2
東京電力福島第一原発事故で、福島県から群馬県に避難した計45世帯137人が、国と東電に慰謝料など総額約15億円の損害賠償を求めた訴訟で、前橋地裁は17日、国と東電に対し、原告のうち62人に計3855万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
 原道子裁判長は、国も東電も巨大津波の到来は予見できていたとして、原発事故で国の責任を初めて認めた。全国で計28件ある同様の訴訟で、判決は初めて。
 裁判では〈1〉国と東電津波を予見していたか〈2〉国の原子力損害賠償紛争審査会の中間指針に基づく賠償基準が妥当か――が争点となった。
 判決では、国の地震調査研究推進本部が2002年7月に公表した「日本海溝沿いで大津波を引き起こす巨大地震が30年以内に約20%の確率で発生する」などとする長期評価の合理性を認め、「非常用発電機を建屋の上に置くなど対策を取れば事故は起きなかった」と指摘。(後略)」

今回の判決は、東電や国に、予測困難な自然災害リスクに対する過剰なまでの予見責任を負わせるもので、冷静さを欠き偏った感情論や偏見に満ちたまったく不当な判決だ。

前橋地裁は、地震調査研究推進本部による「日本海溝沿いで大津波を引き起こす巨大地震が30年以内に約20%の確率で発生する」との調査結果を根拠にして、東電や国が大津波を予見し、必要な対策を取るべきだったと結論付けている。

しかし、およそ自然災害のリスクは、進路が予想できる一部の台風などを除き、その発生や災害規模を事前に予見するなんて、ほぼ不可能だと言ってよい。
予見できるのだと言い張るなら、裁判所の責任で、今後10年間に発生するすべての自然災害のスケジュール表やカレンダーを制作し、国民の前にきちんと提出してみろ、と言っておく。

そもそも、自然災害、しかも、それが大規模になればなるほど、予見なんてできないことは、誰もが理解している。
伊勢湾台風阪神・淡路大震災、秋田沖地震中越地震熊本地震、広島豪雨など過去に甚大な被害をもたらした数々の自然災害を誰も予見できなかったではないか。

たまに、週刊誌やネットニュースで、富士山大噴火や南海トラフ地震の発生を予測する記事が出るが、それを目にする国民のほとんどは与太話としか思わず、そのリスクを真剣に考えることはない。

本件についても、“日本海溝沿い”、“30年以内”、“約20%”という曖昧な言葉や数値を賠償責任に結び付けるのは、あまりにも無理がある。

まず、「日本海溝沿い=福島第一原発」とは限らず、場所の特定は極めて困難だ。
なにせ、日本海溝は、北海道えりも沖から関東地方まで、総延長800kmにも及ぶのだから。

さらに、この数値や確率自体の根拠が万人に認定されたものではないし、30年以内というのなら、2002年+30年=2032年までに対策を取っておればよく、2011年時点で対策を取っていないことを非難するのは暴論だ。

しかも、20%しかない確率を基に国が積極的に数億円~数十億円も掛かる予算を付けるのは現実的に難しく、国の責任を問いたいのなら、緊縮財政の旗を振っていた財務省の責任を問うべきだろう。

大した科学的根拠もない「30年以内に約20%」という数値が大手を振って歩くのが許されるなら、鉄道のホームドア未設置による転落事故や刃物を使った殺傷事件を根拠にして、鉄道会社や刃物メーカーが対策不備の責任を問われることになる。

それでも、必要な津波対策を取れというのなら、“30年以内に70%程度”という極めて高確率で発生が予見される南海トラフ巨大地震や首都直下型大地震に備えて、国の責任で防災対策に莫大な予算を支出することを素直に認めるべきだろう。
なにせ、こちらは、「20%」どころか「70%」だから、予見の域を超え、すでに「現実」の領域の問題なのだ。

いざ事故が起こると、予見責任云々と騒ぎ立てるのなら、よもや、財政危機を言い訳にして必要な防災対策予算の支出を渋るような卑怯者はいないと思うが…。

今回のくだらぬ判決にもまったく収穫がないわけではない。

それは、地裁が「非常用発電機を建屋の上に置くなど対策を取れば事故は起きなかった」と指摘した部分であり、裏を返せば、“必要な対策”さえ取れば事故発生は防ぐことができた=原発は人為的に管理&コントロール可能であることを、司法が公式に認めた点にある。

現在、各所の原発再稼働に当たり、反原発派のバカどもが、原発は“アウト・オブ・コントロール”だと騒ぎ立てているが、今回の前橋地裁の指摘は、こうした幼稚な幻想を根底から否定するもので、原発が十二分にアンダーコントロールであることを吐露してしまった形になる。

頭の悪い詭弁師の嘘は、常に自分たちに跳ね返ってくるものだ。