読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずらのブログ

積極的な財政金融政策による豊かで成長力に満ちた社会を目指します

金融政策が主役になる日

経済を語る際に、『期待』という言葉ほど都合よく使われる言葉は他にない。

世界大百科事典は、経済学における期待の意味を、“個別の経済主体が将来時点の経済環境条件に対して抱く推定”と解説している。
特に、リフレ派と呼ばれる一派は、この『期待』がもたらす経済的な効果に過剰な期待を抱いており、中央銀行たる日銀が金融政策に対してアグレッシブな態度を示せば、マクロ経済全体に明確なインフレ期待や成長期待が醸成され、それが着火点となり経済成長が実現されると妄信している。

この手の迷信は、財政再建派だけでなく一部の積極財政派からも失笑を買っていた。
それだけに、いわゆる黒田バズーカ砲と呼ばれる二発の大規模な金融緩和政策が見事に炸裂して急激な株高と円安を演出したことは、単なる妄想と揶揄されてきたリフレ派にとって面目躍如たるものがあっただろう。

だが、黒田バズーカの一発目が発射された途端、発射を命じた安倍首相は、第三の矢の仕込みに気を取られた挙句に、消費税増税財政支出の縮小を行ったため、バズーカ砲の威力は尻すぼみに終わってしまった。

畑に鍬を入れても、種や肥料を撒かずに除草剤を撒けば作物が育つはずがない。
余計なこと(第三の矢、増税、TPP)をせずに、すべきこと(第二の矢、財政政策、国土強靭化)をしておけば、空前の異次元緩和も空砲に終わることはなかっただろうし、最近発射した追加緩和も後世に名を残す賢策との評価を受けるだろう。

そもそも、経済学が示唆する「期待」の力は、のんきなリフレ派の学者が描くシナリオ通りに発揮されるわけではない。
マネタリーベースが増えて通貨が希薄化しインフレ予想が起きたとして、一般の国民や企業はどのような行動をとるだろうか。 GDPが力強く伸長し景気が過熱しつつあるような環境下であれば、人々はインフレ予想を見越して、いち早くモノやサービスを購入しようとするだろう。
しかし、デフレ不況に散々苦しめられて手持ち資金に困窮している状態なら、人々が抱くのは「期待」ではなく、「不安」や「失望」であり、結果として、「消費」や「購買」ではなく「節約」や「貯蓄」あるいは「我慢」を選択せざるを得ない。

インフレ予想一つをとっても、“消費のきっかけ”になるケースもあれば、“財布の中身を奪い取ろうとする強盗”だと警戒されるケースもある。

インフレに関する予想や期待は、リフレ派が無邪気に考えているような万能薬ではないが、経済成長にとって不可欠なものであることに異論はない。

せっかくの異次元緩和が演出したインフレ期待に魂を入れるには、政府が大規模かつ長期的な財政政策を実行する必要がある。

財政政策により実体経済に使える資金が大量に供給され、家計や企業の懐が十分に潤い、「さて、何にカネを使おうか」という気分が醸成されれば、インフレ期待の力もフルに発揮され、そこから先は金融政策が主役として活躍できるだろう。

何も難しい理屈を捏ね繰り回す必要はない。
経済のメインプレーヤーである家計や企業の懐さえ暖めてやれば、「期待」は真の効力を発揮するはずだ。